入れ歯も歯科矯正も名医にお任せすれば万事解決!|良い歯への近道

歯医者

舌から行なうと見えない

歯列矯正

舌の側から矯正することができたら矯正器具が目立ちません。そのため接客業に就いている人は見た目を気にすることなく矯正を行なうことができるということで安心です。矯正器具が歯の表側についていると銀色に光る器具がなんだか威圧感を話している相手に与えてしまいますし、口が乾いてしまうと器具に唇がくっつきやすくなってしまいます。スポーツをしている人であればタックルなどを受けてぶつかった時に矯正器具で唇と舌を傷つけてしまうということはよくあるのです。こういった人たちのために舌側矯正が考えだされ、重宝されるようになったのです。矯正器具の見た目に違和感があるからといって出っ歯や八重歯、乱ぐい歯を放置しているとそれこそお客様にも心証がよくないということで接客業の人々が積極的に舌側矯正を行なっているのです。

矯正の施術方法は症例に合わせて施すことになります。そのため、大掛かりな矯正が必要なケースだと施術できないのではないかと考えてしまいがちです。しかしそんなことはなく、舌側矯正は全てのケースで対応可能となっているのです。出っ歯の人も乱ぐい歯の人も受けることができるので積極的に活用できます。期間はというと舌側矯正も表側から行なう矯正もそれほど違いはなく、2年の期間があれば矯正はほとんど完了すると考えて良いでしょう。舌側矯正にはインプラントを使ってしっかりと固定しながら歯を動かしていく方法もあるので大掛かりな矯正を効率よく施術したい人は確かめてみましょう。